「万代シテイビルボードプレイス/BP2」「新潟アルタ」「ラブラ万代/ラブラ2」3館合同

2018年度大会

  • HOME »
  • 2018年度大会

2018年11月13日(火)、万代シテイNo.1スタッフを決定する、第6回「万代シテイロールプレイングコンテスト 2018」を開催いたしました。

参加総数127名の中から本選で選ばれた6名で決勝を行い、準優勝者2名、優勝者1名が決定。入賞した3名には、万代シテイを代表する接客スペシャリストの証「万代シテイ接客マイスター」の称号が与えられました!


優勝

権田 裕佳 さん
ビルケンシュトック – 万代シテイビルボードプレイス 1F

– 今の仕事(販売員)を目指したきっかけを教えてください。
BIRKENSTOCK へ来るまで、学生時代のアルバイトも含めると約10年を書店員として過ごしていました。書店の仕事は毎日楽しかったのですが、慣れている仕事へ逃げ続けているのではないか、と思うこともありました。
30歳を前にチャレンジするならこのタイミングでと、勢いでBIRKENSTOCK へ応募していたのですが、面接当日に自店の店長とお会いして「あ、この方のいる職場がいい」と強く思ったのが1番のきっかけだと今は思います。
– 販売員として大切にしていることを教えてください。
お買い物の時だけでなく、その後使っていく中でも履いていてウキウキとするものを買っていただきたいと思っています。
何か物を買う時、皆さんお一人お一人シルエットや外せないポイントをお持ちだと思うのですが、そういうこだわりを一緒に共有し私も大切にしたいです。
– お客さまと心を通わせた瞬間のエピソードを教えてください。
仲の良いご友人同士、お二人でよくお店へいらして下さるお客様がいます。お二人ともお洋服や雰囲気がとても素敵で、強く印象に残っていたので足のサイズも自然と記憶していました。ですので、ご購入の際にはいつもサイズ等を見させていただくようになりました。心を通わせたエピソードというと抽象的なのでコレ!という訳では無いのですが、何かな?と考えた時お二人がいらして「ごんちゃん、来たよ!」と言っていただいた時のことが頭に浮かびました。お二人にお会いすると、その日一日を私もウキウキと過ごせるのです。
– “私流コミュニケーション術”を教えてください。
カッコつけないことでしょうか。いつも等身大のままいたいなと思っています。スタッフとのコミュニケーションで一番盛り上がる(?)のは失敗談です。失敗もそのまま言える人になりたいです。ただそのおかげなのか、元々の性格なのか、店長にもらったあだ名はハプニング大賞です(笑)
– 仕事へのインスピレーションを得られるとっておきの場所はどこですか?
やはり書店でしょうか…。元々本が好きで書店員をしていたので。インスピレーションを得ようと思って行った事は無いのですが、月に2、3度は行っています。自分の好きな書籍を見終えると、仕事に関連のある書棚へ自然と足が向くことが最近は多くなった気がします。
自分の好きなこと、ワクワクの延長線上に仕事に関するものを乗せられるとワクワクが増幅されるようで、やる気に繋がるかもしれません。
– 「万代シテイ接客マイスター」として、これからどう活躍していきたいか展望を教えてください。
私に何ができるのかはまだわかりませんが、お店へいらしたお客様が楽しさを感じられるようなお手伝いができれば、と考えています。
また、少しでも万代へお買い物に行ってみようかなと思っていただける機会となれたら嬉しいです。

受賞後のコメント


準優勝

皆川 綾 さん
フランフラン – ラブラ万代 3F

– 今の仕事(販売員)を目指したきっかけを教えてください。
新潟に出店する前からフランフランのファンで、県外に出掛けた際は必ず立ち寄るお店でした。そのフランフランが新潟に「初出店」と知り、最初はアルバイトスタッフとして入社しました。
– 販売員として大切にしていることを教えてください。
「お客様は大切な友人」と思いながら接客しています。友人に喜んでもらうために何ができるだろう。いつでも相手の立場に立って考え行動しています。常識と知識の先でプロとして最良の提案をと心掛けています。
– お客さまと心を通わせた瞬間のエピソードを教えてください。
何度もお会いしているお客様。回数を重ねていくうちに、どんなテイストがお好みか分かるようになっていました。クッションカバーをお悩みの際も、まるで友人とお買い物をしているかの様に楽しく選び「皆川さんと選べて良かった」と笑顔で言っていただき、私の方が嬉しい気持ちになりました。
– “私流コミュニケーション術”を教えてください。
相手のお話しを否定せずじっくり聞き、ニーズを聞き出すことです。
– 仕事へのインスピレーションを得られるとっておきの場所はどこですか?
フランフラン以外のインテリアショップです。好みのコーディネートを見つけると「早くお店でもやってみたい!!」と思いますし、インテリア雑誌を読んで妄想?想像します。
– 「万代シテイ接客マイスター」として、これからどう活躍していきたいか展望を教えてください。
お買い物をしなくても「万代に行けば楽しいことがある!!」と1人でも多くのお客様に感じていただけるよう、私らしい接客でお客様を笑顔にしたいです。

受賞後のコメント


準優勝

角田 麻奈美 さん
ビルケンシュトック – 万代シテイビルボードプレイス 1F

– 今の仕事(販売員)を目指したきっかけを教えてください。
色々な人と話すのが好きだったので、やりたい仕事は思い切ってやってみよう!!と思ったのがきっかけです。
– 販売員として大切にしていることを教えてください。
常に「自分がお客様だったらどう感じるか?」を意識して行動することと、裏表なく自然体でいることです。そして、純粋に自分が楽しむということです。
– お客さまと心を通わせた瞬間のエピソードを教えてください。
たくさんお話しさせていただいて、商品をご購入後「紹介してもらった靴を履いたら歩くのが楽しくなった」や「長年の悩みが改善されて嬉しかった」とご報告をしにご来店された時です。
– “私流コミュニケーション術”を教えてください。
興味を持ったポイントは迷わずに聞くことと、以前から知り合いだったかのように話しかける(失礼のない程度に)こと、さらに年齢やご職業に合った話題選びをすることです。
– 仕事へのインスピレーションを得られるとっておきの場所はどこですか?
ビルボードプレイスの他のショップです。自分がお客さんとしていろいろなお店で接客を受けて、スタッフさんとお話しをすることが一番力になっていると思います!2か所目は居酒屋のカウンターです。スタッフさんや隣の人に話しかけて仲良くなってみることです。(コミュニケーション力の訓練です(笑))
– 「万代シテイ接客マイスター」として、これからどう活躍していきたいか展望を教えてください。
一人でも多くのお客様に「ビルケンの角田」を覚えていただいて、何でもなくても「寄ってみようかな」と思っていただくことです!そして、より多くのお客様にご来館いただけるよう日々精進します!研修セミナー等でお力添えできることがあれば協力させてください。

受賞後のコメント


参加総数127名の中から本選で選ばれた6名による決勝の様子です。



藤巻 美喜さん
フリークスストア – ビルボードプレイス/BP2



田中 幸永さん
URBAN RESERCH DOORS – ラブラ万代/ラブラ2



皆川 綾さん
フランフラン – ラブラ万代/ラブラ2



角田 麻奈美さん
ビルケンシュトック – ビルボードプレイス/BP2



権田 裕佳さん
ビルケンシュトック – ビルボードプレイス/BP2



長谷川 愛莉さん
SHIPS – ビルボードプレイス/BP2

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
PAGETOP
万代地区接客向上委員会
(事務局 : 万代シテイビルボードプレイス内)
TEL : 025-240-4645
Copyright © RPC. All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.